【神社巡り日記】平将門と中央構造線(1)#05 “縄文の原始エネルギー炸裂!” 神長官守矢史料館 

シェアする

2017/06/07 #05
縄文の原始エネルギー炸裂!

いよいよ諏訪大社に近づく。

中ッ原縄文公園から諏訪大社本宮付近までは約10km、車で約20分強掛かる。

IMG 2860 2

諏訪大社の本宮と前宮に挟まれた住宅地の一角に茅野市運営の神長官守矢史料館がある。

神長官(じんちょうかん)とは中世から明治時代まで諏訪大社の中心的存在として神社を取り仕切ってきた守矢家の官名である。

現在の当主はなんと78代目というから非常に由緒のある家柄だ。

IMG 2854 2
前回、2010年に諏訪を訪れた直後、この史料館を知った。

テレビで館内の光景を見たとき、是非とも次の諏訪では訪れたいと思っていたのだ。

スポンサーリンク

諏訪の重要神事「御頭祭」

諏訪大社というと御柱祭が広く知られている。

天下の三大奇祭などと呼ばれ、諏訪大社に奉納する巨木を滑り落とし、町々を引いていって諏訪湖を囲む4つの本宮、前宮、春宮、秋宮の境内に立てるという大行事だ。

一方、諏訪大社では古代よりの祭祀形態を色濃く伝える「御頭祭(おんとうさい)」があった。

現在はかなり簡素化されているものの、いまでも本宮と前宮で構成される諏訪大社上社で受け継がれている。

時代によって形式はかなり変化してきたようだ。

しかし、一貫するのは生贄を奉献するという点である。

湧き上がる縄文の原始エネルギー

IMG 2853 2

史料館の内部に入るといきなり動物たちの剥製が目に飛び込んでくる。

これこそ「御頭祭」を規模縮小して復元したものだ。

ずらりと壁に掛けられた鹿の頭。

IMG 2852

IMG 2851 3

復元では25頭ほどでそれでも迫力があるが、江戸時代まで毎回75頭も用意されていた。

そのなかに必ず耳が裂けた鹿があるというのは諏訪の七不思議の一つとされている。

さらに、白兎(しろうさぎ)や雉(きじ)などの小動物から鯉や鰤(ぶり)、鮒(ふな)といった魚類、穀物まで、幅広い供物が捧げられていたという。

現在でも「御頭祭」では3頭の鹿の頭が神社に供えられる。

さすがに毎回鹿を用意することはなくなり、剥製にしたものを毎年使っているようだ。

毎年4月15日の祭日になると、史料館そばの前宮には約1.5mある御贄柱(おにえばしら)とともに鹿の頭を使って神事が行われている。

いまなお縄文が眠る町

ちょうど原村の阿久遺跡から国宝の土偶まで、一日掛けて諏訪周辺の著名な遺跡や土偶を回ってきて「御頭祭」の復元展示を見ていると、縄文文化の大地に轟き渡るような原始エネルギーを感じて、すべてがオーバーラップした。

都市化している諏訪湖一体の光景が、すっぽり縄文時代に戻ったような心地がして、地表を一皮むけば諏訪にはとんでもない爆発的なマグマが閉じ込められているような気がしてならなかった。

大和以前、諏訪の源泉

IMG 2855 2

ガイドのおじいさんに館内を案内してもらってから、建物裏手にある御左口(ミシャグチ)神社を訪ねた。

御左口(ミシャグチ)神とは、諏訪大社以前から信仰されていた非常に古い神とされている。

この小さな神社は諏訪地方を始め周辺地域に広がるミシャグチ信仰の大元といわれているようだ。

ミシャグチは大和朝廷の日本を支配する以前の人たちが信じていた神とされて、柳田國男によると塞(さい)の神と同一で、境界を守る神とした。

出雲にも多い才の神や全国各地の村落に祀られている道祖神と同一視する見方もある。

諏訪にとっては縄文にまでさかのぼる原始的な信仰の象徴となっているようだ。

IMG 2857 2

3つの社が建てられていたが、一番左側の祠がもっとも重要な神であると感じた。

隣にあるご神木と合わせて、一層丁寧にお詣りしておいた。

新聞記事で一撃

実は、テレビで見てもう一箇所行ってみたい場所があった。

史料館から少し山を登ったところにあるという磐座『小袋石(おふくろいし)』である。

史料館のガイドに尋ねてみると壁に貼られた新聞記事を見せられながら、

「ちょうど昨日、磐座の周辺で熊が目撃された報告があって今朝の朝刊で注意されているんですよ。どうしてもというなら止めはできないですが」

と、にやり顔で残念な事実を告げられた。

IMG 2849 2

磐座ファンとしてはぜひ訪れてみたかった。

加えて、実際諏訪大社の実質的な御神体山と考えられる守矢山にも登山したいと思っていたが、さすがに熊には勝てない。

神社巡りをしていると割に熊がネックで行きたい場所に行けないということがある。

しかたない、また次の機会に譲るとして、今回諏訪に来た最大の理由である本宮へと向かった。

スポンサーリンク