真田幸村最期の地・安井神社は白高大神ゆかりの聖地だった

シェアする

奈良を代表する心霊スポット「白高大神(しらたかおおかみ)」。

ネットで知ってから訪れたかった場所で、昨秋、実際に訪ねてみた。

奈良最強心霊スポット?|白高大神の隠された聖なるヒストリー。
この春あたりから、不意に心霊スポットが気になり始めた。 いわゆる心霊スポットと呼ばれる場所に行ってみようなどと思ったことはこれまでなく...

白高大神について調べると、必ず一冊の本に出会う。

フランスの民俗宗教研究者アンヌ ブッシイ氏の「神と人のはざまに生きる−近代都市の女性巫女」だ。

紐解くと、白高大神のある奈良の滝寺は大阪の天王寺にある安井神社(安居神社、安居天満宮、安居天神社とも)が旧地だという。

スポンサーリンク

真田丸ブームで知名度アップの安井神社

白高大神と所縁があるなどという前に、大阪の天王寺は一心寺のそばにある安井神社は、真田幸村が大坂夏の陣で最期の場所となったことで一躍有名になった。

恵美須町駅から逢う坂と呼ばれる国道25号線を天王寺方面に歩く。

16681702_848334038639426_5685897495222064093_n

大きな一心寺が見えてくるとその北側に安井神社の入り口があった。

16683921_848334025306094_2422362774423902299_n

細い路地を抜けると社務所が見え、拝殿とそのそばにさなだ松、そして幸村の銅像が立っていた。

16508142_848334105306086_4469694246878726551_n

16712057_848334098639420_1108415911972253336_n

玉姫教会のにおいを残す聖地

神社は想像していたより狭く、小さな丘の上の平地を利用している。

先程の本にあった境内図を頼りにかつてのイメージをふくらませてみた。

玉姫教会は奈良の白高大神とこの地の二カ所で構成されていた。

お塚の跡地である小山

16729566_848334035306093_6987349922617743587_n

拝殿や本殿の北側にこんもりした小山がある。

16508524_848334108639419_3448743791537964038_n

ここに白高大神を作った玉姫教会のお塚が並んでいたようだ。

(お塚とは信仰の依り代として自然石などを用いて建てられる石碑のこと。伏見稲荷大社の稲荷山のお塚群が有名)

16640681_848334101972753_3191031109194133486_n

実際に今でも石組の跡が残っている。

玉姫の名を残す稲荷社

16508670_848334031972760_6206853815684437456_n

そばにあるのは安居天神社の摂社で金山彦神社(金山彦神・金山姫神・淡嶋神)である。

16640667_848334028639427_5730043724117928338_n

そして稲荷社があるのが感慨深い。

その名も玉姫稲荷神社である。

玉姫教会の痕跡を確かに感じさせるものであり、教会の主宰者だった巫女の旧宅があった場所だ。

お塚のあった小山からは今でも古墳から感じるような独特の空気が流れてくる。

巫女の死と共にすべて奈良へ

安井神社にあったお塚をはじめ鎮座していた玉姫教会ゆかりの神々は巫女の死後、すべて奈良の白高大神に移されている。

白高大神を訪れると途中でたくさんの石碑を祀った場所があるが、そこへ移されたのだろう。

まとめ

16508862_848334111972752_4033638710193432758_n

境内に滞在中、四天王寺や一心寺のすぐそばである安井神社を巫女が選んだ意味をずっと感じていた。

奈良に戻ったということも土地の役目の不思議さを感じてしまう。

石組の遺構に遺されてた稲荷玉の透かしを見つめていると、すうっと奈良の白高大神に吸い込まれそうになった。

スポンサーリンク