一つ前の世界に置いていってしまった体を引きずりながら

シェアする

お盆に入った頃から、日に数回、仏壇でお線香を焚いています。

ただ、お盆が明けてからもずっとそのまま。

仏壇の前に座る。

香りをつねに広げていく。

その理由はまだつかめないものの、新しいステージに入り込んでしまったような感覚だけ、この肌に。

祈りと呪いとは表裏一体なものの、清廉潔白な呪いならば、それもいい。

スポンサーリンク

いびつなドッキングの影響はまだまだつづく・・・・・・

コロナの世界で生まれたパラレルワールドは4つほど。

まとめて統合されはじめたのがこのお盆の時期、といったイメージでした。

でも、新しい次の世界とのバトンの受け渡しがいびつだったようで、半身、前の世界にまだ取り残されていることもあるような。

9月の四連休までは、まだまだもたつきそうです。

スポンサーリンク