【自作詩】見えないものの輪郭

シェアする

透明なものなどこの世にはなくて

透明なもの

半透明なものも

すべて輪郭が浮かびあがる

輪郭という曲線が直接となり

やがて刃先となって

わたしのこめかみと喉仏に突き刺さるだけ

その、一歩先を理解する人は少ない

一歩手前では無理解と同じだ

銘酒を燗して味わうとき

その、ふくやかな香りは果たして

酒の液体にあるのか、

気体にあるのか

その答えを出さない人が良い

見えないものはすべて美しいのだけれど

この世では息をしていけない

見えるものは、ほとんど醜いのだけれど

あの世から反転しながら転写された戯れの姿

わたしには

ユウレイと

シュウキョウの違いが分からず

にんげんと

くうきの違いだけが

分かる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク