前世や過去世がわかっても人生にはほぼ役に立たないという話。

シェアする

Caerphilly Castle

スポンサーリンク

あなたの前世は戦国武将!?

この世には前世が織田信長だったりマリーアントワネットだったと言う人がごまんと存在する。

真偽のほどは別として前世が偉人や有名人だったりするとなんだか嬉しくなるのも人の心というものかもしれない。

ただ奇跡的にここ数十年、戦争や飢餓や貧困が少ない時代になっているのは現代人の幸せさだといえるだろう。

人類の歴史を振り返ると大半が貧しさに喘いだり、戦争で殺されたりという期間のほうが長いからだ。

そう考えると本来前世や過去世のほとんどは苦しく嫌な記憶として思い出されるものかもしれない。

なぜ人は前世が知りたいのか

ヒーラーのまねごとをしていたとき、クライアントさんのほぼみんなから「私の前世ってなんですか?」と聞かれた。

私自身は自分の前世や過去世が気にならないので、最初おもしろ半分でみんな知りたいのかなという印象だった。

自分もこれまで何度かヒーラーさんに見てもらったことはあるものの、自分から前世や過去世を聞いたことはなかった。

あるヒーラーさんのところでヒーリングを受けたとき、こちらから聞いてもないのに次々と前世の話をされて戸惑った覚えがあるほどだ。

それからなぜ前世に興味がないのかと心のどこかに思いながら数年経ったとき、知人が開催するヒーリングセミナーに参加してその答えがわかった。

ペアになってお互いの魂の歴史を見つめるという課題だった。

そのとき初めて自分の前世の一つ一つがトランプのカードのようになって数千、数万くらい目の前に広がっていくのを感じた。

そのなかの一つのカードがテレビ画面のように映し出されたかと思うと、突然その時代に立っていた。

人類の歴史の大半は殺し合いだから

時代は中世、1300年から1400年代ぐらいだと思う。

東欧のルーマニアかトランシルバニアのあたりの小さな王国で1000人ほどの兵士を束ねている隊長をやっているのが私だった。

上からの命令で一つの村の住人をすべて殺し尽くして首を刎ねるという役目を果たしている渦中に自分が戻っていた。

映画でそういうシーンをみた影響だと言われればそれまでである。

しかし、自分の目の前で多くの人達が殺されていく様子や匂い、血の色などがあまりにリアルすぎる。

意識が遠のいて、目が開けられなくなり、頭に強烈な電流が流されたようにこれまで感じたことのない痛みと精神的に絶えられない状況がその場で再現されていた。

気づけば泣き叫んでいてなにかにしがみついていないと自分の理性を保てないような状態に陥った。

それまでこの世で生きてきて、それなりに辛い経験もしてきたとは思う。

しかし、いまだにこの前世の記憶が再現されたときを超える体験していない。

前世など掃いて捨てるぐらいでちょうどいい

魂を磨くとか人生経験を積むということが無数の過去世の積み重ねだとすると、思い出さなくていい、むしろ思い出さない方が幸せな前世のほうが多いはずである。

「あなたは前世で数え切れないほどの人を殺していました」と聞いて、今を生きる気づきが得られたり、未来へのヒントが生まれるであろうか。

もしその言葉の後ろに「だからカルマや罪を背負っているから」といわれて壺やら御札を出されるようなところに掛かったとしたら笑い話にもならない。

本当に前世や過去世の記憶が人生を前に進める中で必要だとしたら本人が気づくにせよ気づかないにせよ、なんらかのタイミングで思い出せるだろう。

ただそれだけいいのだと思う。

私の信頼するヒーラーさんも、こうした理由でクライアントさんに前世や過去世について聞かれても答えなくなったという人が多いからだ。

タイミングが来れば、必ず前世を知らせるサインが受け取れる

Wings
前世や過去世の記憶を処理して消化するにはかなりの覚悟とエネルギーが必要だ。

その時機が来れば自然とデジャブのような感覚で思い出されて、気づけば人生の節目を超えていることだろう。

前世に限らず、思い出す必要があれば自分でなんとなくわかったり、誰かが自然なかたちで伝えてくれたりする。

追いかけるのではなく、ただそこに存在してすべてを受け入れる。

そんなナチュラルな態度のほうが幸せをつかむきっかけになるのだろうと思う。

スポンサーリンク