西宮・越木岩神社の磐座が背負いながら壊されるもの

シェアする

10404282_528611080611725_6997387177935248061_n

神社巡りを続けていると、折に触れて幾度となく訪れたい場所が生まれます。
それは、意外に大きくて有名な神社でないこともしばしばです。

西宮にある越木岩神社もそうした地味ながら自分の存在の根に関わる非常に重要な場所です。
自分自身にとってどこまでも大切だと感じると言うことは、偏に今立っている場所から宇宙に広がるすべてにとっての重大な聖地であることに相違ありません。

日本の巨石 イワクラの世界 (Parade books)

越木岩神社と神戸

いまとなっては越木岩神社といっても近くにある”えべっさん”で有名な西宮神社のように一般に知られた神社ではありません。

しかし、丘陵地に鎮座する境内の奥には甑岩(こしきいわ)という社名の由来となった巨大な磐座があって、周辺の六甲山、摩耶山、甲山、目神山、石宝殿に有馬温泉といったこれぞ「神ノ戸」と言えるラインが無数に結ばれています。

ここまでの次元の磐座ともなると、パワーがどうだとかご利益がどうだとか、そういった世俗の願いはとうに超越してしまいます。

磐座が破壊の危機に

ただ、最近、もとは越木岩神社の磐座として大切にされてきた二つの巨石が破壊されるかも知れないというニュースを耳にしました。

越木岩神社の隣に女子短大が有り、経営難から売却され、すでに旧校舎が解体され更地になっているのは知っていた。

Googleマップの衛星写真から取得した、越木岩神社周辺。越木岩神社の東北側が更地になったマンション建築予定地。
中央部とその南側の緑の部分に「磐座」が有るのを僕も確認している。

その3つの磐座は越木岩神社の境内の東側にある大学跡地のなかにあります。

ただ、その大学が経営難によってキャンパスの土地を手放し、そこにいよいよマンションが建つというのが2015年に入ってはっきりしてきたのだそうです。

創建 夙川学院短大跡地でマンション開発|建通新聞
磐座は土地の中央に3箇所残されているため、マンション建設となると爆薬で発破されるだろうと危惧されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-12-39-43
Googleマップ

巨石や磐座が集中する六甲山周辺

六甲山周辺には神社として祀られていなくても、大小さまざまな巨石がごろごろ点在しています。
太古は山全体が聖地として古神道や修験者によってひとくくりとしてみなされて守られてきたのでしょう。
しかし、明治から大正に始まる土地開発によって六甲山の麓は高級住宅地と変貌し、名もない巨石は破壊され移動され、どんどん失われてきました。

磐座が時代とともに無くなっていくことも人間の営みの結果であり、頑なにすべてが守られなかればならないとまでは思いません。
ただ、神社として祀られていない場所や石であっても、だからこそ忘れられたような事象が還って真実を表していることも往々にしてあるのです。

1506756_528611177278382_4328449071276691190_n

もはや社会に居場所が用意されない『自然崇拝』

教科書では日本は古代から自然崇拝のアニミズムの国であったと教わります。
確かにそうなのですが、現代社会にあってはそうしたアニミズムが社会の枠組みの中で取り込まれていなければ守られづらいという危機的な状況を呈しています。
伊勢神宮や出雲大社、といったように信仰のない人間であっても一目でなにかが祀られていると認識できる場所は今後もどうにか後世に伝えられていくことでしょう。

しかし、どこまでも非常な聖地だからこそ、神社として祀られることもなく、しめ縄を掛けられることもなく、文化財や公園として整備されられることもなく破壊されてきた場所はもはや数えることができないほどでしょう。

古墳を始めそれが天皇陵であっても、人々は生活のため陵墓を切り崩し畑にしたり、巨石を田畑の石垣として転用したということを江戸時代や明治時代あたりまではいろいろと行ってきました。
どの町を訪れても古墳だらけという奈良でさえそういう推移をたどってきたのです。

巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22

俗と聖の棲み分けがなくなる時代に

西宮の高級住宅地になぜこれほどまでの巨石が点在しているのか。
古代よりひっそりと大切に守られてきた場所だからこそのそこはかとない自然の力がそのまま現世に明るい光を照らしてくれていたおかげではないでしょうか。

おそらくあの二つの磐座はあの一帯にあらゆる方向から集められた陰のものをすべて背負って砕かれて、どこかの世界に持って行ってくれることになるでしょう。
もうはやキャンパス跡は更地に変えされて、磐座部分が残るのみとなっています。

近々工事は粛々とスタートするのでしょう。
祟りだとかといったそんな浅薄な不安など吹き飛ばすほどもっともっと深い地球のうめきを眠れない夜に人々は聞くことになるはずです。

ただ、近いうちに現地を訪れてその犠牲に感謝を伝えることしかいまは思いつかずにいます。

rivision#1 引用文(越木岩神社からイワクラ学会宛てメール)を削除&一部追記・修正 ー2015/04/26
rivision#2 磐座関連記事リンクを追記 ー2015/04/28

eyecatch photo on flickr by ennifer McPherson

スポンサーリンク